2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.05.17 (Sat)

短期集中「ブツブツヤクブツどーなるの?」

今日もあなたに無駄話題!!「ネタ超」ですけれども・・・
ミュージシャン逮捕
とかくいろーんな方が「覚せい剤」で捕まっております。

リスクが大きいのになぜ!?
と思いますよね。

薬物系の覚醒によってさまざまなメリットはもちろんの事ですけども、
いろんな幻覚をみたりする中で自分の中で「正当化」してしまうのですね。

もともと「合法」として存在した時期があるのもマズいのか?
あらゆる幻覚症状の中で自分の納得のいかない状況であったり、
不条理な世の中の方を

間違っている
という認識に替わっていきます。

世の中が不条理で間違ってておかしくて馬鹿げているのが
当たり前の話なのですが、

ああいう純粋だったり、プライド高かったり追い詰められる方々
特にハマりやすいでしょうね~。

あと薬物全般的に「アイデア」が沸いてきたり、あらゆる角度から
物事を見据える事ができるようになるのはありますね。

覚せい剤など(科学合成物質)はおしっこや髪の毛で「使用」が確認できるので、
使っている時点で逮捕

大麻など(天然素材系)は使用確認が難しいために「所持」から逮捕となります。
あと種などから「発芽」させた時点で「栽培」という罪になり「売買」を疑われます。

窃盗犯の多くは「使用」の確認のとれなかった(使用後一ヶ月以上経っていた)人たちも多く
結局「薬物欲しさに窃盗におよんだ」ケースも多いとのこと。

まず「部屋の中の家電製品が消える(売る)」→「窃盗」

友達といて3万円入った財布を置いてトイレなどに行く
「2万円」盗るか「3万円全部」盗るかだけの違いの思考になるとのこと。

「知的犯罪者」と「ただのアホ」の差が激しいのもこのジャンル。

罪状としては「初犯」ならば大体2年未満の「執行猶予」ではありますが、
売買や暴力団との関係性も問われるため長い拘留(少なくとも三ヶ月前後)
となります。

「脱法ハーブ」は作製でほぼ「化学合成物質」なので「窃盗」に結びつく
思考回路になりかねません。

スーパーサイヤ人は漫画だけでいいのですよ(笑

お酒飲んで暴れる、喧嘩で人を傷つけても10万円程度で
開放されてしまう「法」には疑問を感じますがね。








スポンサーサイト
22:50  |  コアライフ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://numbersixxx.blog.fc2.com/tb.php/169-b4f5b729

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。