2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.05.01 (Thu)

GWの待ち客を常連客にしましょう。

最近はネット、携帯の話ばかりでしたが、私は過去ジャンルの違うお店を最大時5店舗ほど経営しておりました。

まあ、今は自分の手元にあるわけではありませんので、別に信じなくても、なんでもいいのですが、
参考になれば幸いです。

さあ、1年に数度しかないかきいれ時に店舗に入りきれないお客様をただお返しするのはもったいない

ですが、きつきつに入れてしまうのはもっと愚かな行為。

なぜでしょう?
簡単です、お客様はまず不快に感じることの確立が高いからです。

通常時にて対応できる客数を超えた場合、事細かなサービスが行き届かなくなります

たとえ数万円儲けようと、たった数万円でそのお客様は2度と来店されぬどころか、「口コミ」によって周りのお客様さえ抹殺されかねません。

それより「入れないほど多かった」と興味を残して頂き、改めてご来店いただいた際に満足いくサービスできるほうが、長い目で見れば数倍~のメリットでしょう。

また、並んでお待ちいただくにしてもただお待ち頂くよりも、少しの余力をそちらへまわしてみるのも一つの手。

例えば、「お待ち頂きすみません」と一声おかけしてお飲み物をサービスやご入店の際に使えるクーポンや割引をお気持ちとしてお渡ししてみたり、

「待ってよかった」
と思える工夫はいかがでしょうか?

また誰もが携帯電話をお持ちのこのご時勢、「空いたらご連絡いたしましょうか?」と
連絡先を(メールでも)お伺いしてみたり・・・

いろんな手があります

クレーム客を常連客にできるように欠点を補えば、お店のファンを増やす事は可能です。

安易にメニューを削って回転率をあげてみたり、気の回りきらないスタッフを急増させてもロクな事はないでしょう。

チェーン店のように効率勝負より、血と気を通った真心のあるサービスをGW後半に向けて考えてみてはいかがでしょう。

数に数で勝負するより一騎当千で闘う「ランチェスター戦略」のみが大鑑に小船で勝利できる方法なのです。

多いときに多さで勝負するより後々まで「常に多い店」を考えておくという
損して得(徳)とれ」の精神で行ってみてはいかがでしょうか?


wifiを解放して全キャリア対応のWifiスポットサービスで集客はいかがでしょう!

振込み周期の早いクレジット導入でビジネスチャンス増大!

お水が変われば商品もかわる


スポンサーサイト
10:53  |  今日のへりくつ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://numbersixxx.blog.fc2.com/tb.php/159-58750f92

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。