2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.06.03 (Tue)

日本のバンド、ヴォーカル辞めたら皆辞める、なぜ?

今日もちなみの無駄話題をあなたに・・・「ネタ超」久しぶりのへりくつ

日本のバンドはボーカルが辞めると解散します。

海外のバンドはボーカル辞めても持続するケースが
ほとんどです。

なぜでしょう?

実は「消費者」である私たち「リスナー」
大きな原因があります。

それはヴォーカルが圧倒的に他の楽器のメンバーより人気が高いのと関係あります、
一つはアイドル的要因はありますが、全てではないです。

だってギターとかでヴォーカルより人気ある人たくさんいるし、
X-japanのYOSHIKIさんみたいにドラムなのに人気ある人います。

説明しやすいのでX-Japanを例にして説明しますね

TOSHIさん(Vo)辞めたらX-Japanは一度解散してます。

TOSHIさんより人気のあったHIDEさんが
お亡くなりになっても活動中
です。

どういう事か?

私たち日本人(アジア系に強くみられる)は音楽を聴くとき
「歌詞」と「声」を中心に聞く「国語的」な聞き方になるのです。

密接な宗教がない、もしくは
音楽と密接な宗教信者でないためなんです。

キリスト教などクラシック音楽と密接のためヴォーカル、歌詞にとらわれない聞き方が
幼少時から先に形成されますが、

そういう機会が極端に少ないため「歌謡曲」など「歌詞」、「声」にとらわれがちな
「国語的」視聴方法になっているんですね。

CMソングのヒットに見られる「サビ」の強調はそれに準じた方法論です、

「カラオケ」が日本やアジア一部地域のみ大人気だったり
「唄がうまい」ことにここまで固執する民族は少ないと思います。

私のアメリカ人の友人はカラオケボックスを
「こんな狭い部屋に詰め込まれて金払って喜んでるのは日本人くらいだ」
と言ってました。

ストレス発散やパフォーマンスの一つでしかないカラオケを少人数で
楽しめる意味がわからないそうです。

結論的に「歌詞、唄(ワビ、サビ含め)」
というヴォーカルラインが中心(もしくはそれのみ)の国語的視聴の国では

「歌詞、唄、ヴォーカルライン」を担う=バンドそのものなのですね。

音楽で言えば楽器と同じ一つのメロディラインなのですが、
そうは聴こえないんですね。

商売相手であるリスナーの耳と考え方がそうであれば、
ヴォーカル脱退=バンドのアイデンティティ崩壊なのですね。

これはタイプライターが身近でないため「ローマ字入力」が苦手であるため
PCのキーボードが苦手な人が多い

とか

本来は電話、メールという「ただの連絡手段」が生活必需品となっている
ガラケー(ガラパゴス的な携帯電話=ガラパゴス諸島の動物のように独特の進化を遂げている)
からスマートフォンにも及ぶ依存的な変化

と似たような独特な文化と思います。

最近は少しずつ変わってきて海外で活躍しているミュージシャンなども多いです。






スポンサーサイト
03:02  |  今日のへりくつ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.05.05 (Mon)

現代社会を上手に生き抜く「マルチ脳」の作り方

先日、知り合いから
「なぜそんないろいろ考え付くのか?」と言われました。

とかくいろんな業種に携わり「店長・社長」など管理者としての仕事、
趣味のバンドでも作詞、作曲を手がけ(大したもんではないですが)、
イベント企画を出し
口先三寸で世を渡り続ける私ですので、ちょこちょここういう質問を受けてました。

「才能」などとつまんない答えではありません。
ちゃんと「マルチ脳」の作り方はあるのです。

思考方法の一つですが、これがあるなしでずいぶん違います。
例えば「残念な男前」や「幸薄い方」という方と男前、美人に見える人、
またカッコイイという概念を覆せる人はたま~にいます。

そういう方は「マルチ脳」を持っています

簡単なトレーニング方法ですけど
グレーゾーン及びその有効活用法を考える」といいです。
要は「悪い事を悪くない方法で考える」という事
もちろん実行は推奨しません。あくまで考えるのです。

例えば・・・「お金儲けしたい」「もてたい」「楽したい」etc...
「欲望」を「悪いこと」と思われる方法などで合法的、スマートに行う、成立させる事を考えるのですね。

人間は欲深いのです、そういう風に出来てます。
なぜでしょう?
「成長、進化」するためです。
考えることは罪ではありません。メカニズム、プログラムがそうできています。
安易に行動に移すことがであり、理性との兼ね合いによって成立しています。
こういう性善説はまたにして脳トレ方を・・・

1.もてたいと思いモテる方法、Hな事を考える。

わりと男性向きです。
エロから発明や普及されたものはとても多いです。
インターネットや携帯電話などの通信機器などの中からビジネスチャンスは山ほど生まれていますよね。
まったく違う思考回路を持つ異性を考えることは「マルチ脳」を作るてっとりばやい題材です。

2.お金を儲けたい、成功したいと考える。
1とも共通するのですが、お金というものは「欲望」の象徴です。
「盗む」「奪う」といういけない行為すらもどうどうと成立しているお金儲けがあることを忘れてはいけません。

捨てられた自転車を回収してリサイクルして売る商売は、エコロジーなどの視点で注目されています。
手順を踏めば自転車泥棒も人に感謝される仕事へと浄化されるのです。

3.楽したいと考える。
趣味で成功したい、やってる事をもっと便利にお金や手間をかけずに成功したい。
楽しみたい、気持ちよくなりたい、生まれ変わりたいetc...

便利なタブレットの登場などPCやスマートフォンがあるにもかかわらず、
なぜあんなものを必要とし、大ヒットするのか?(私も愛用してます)

移動するのに理屈も成り立たない無意味なバイクや車の馬力やデザイン、
遠くから見なきゃいけないほど巨大なTV、高画質などなど

「便利」くらいしか理由のないのに大ヒットしたものを考えると、
人より優れたいという「欲望」も新しいものを考えるヒントになります。

などなどの事をとことん考え、書物やインターネットでいい事か悪い事かを調べつくしていくと、
どんな事にも通用する「マルチ脳」は楽しみながら形成されていきます。

「マルチ脳」は「知恵です。お金で買えません。
覚えるものでも、教えてもらうものでもありません。

何もないところから火を起こすという事を見つけ出した神にも匹敵する力です。

知識がどれだけあろうと有効活用できなければ屁理屈なんです。


「そんな事考えちゃいけない」とキレイ事より「考え抜いたから」答えがあるのです。
または考えたからこそやらないという選択。

ただ「あきらめる」ことは、いつかの再燃によって失敗される事もあります。
考え抜いた末の「あきらめ」は「自分には無理だとわかった」という理解
と「違う方法を考える」という進化を促します。

まだまだ自分には眠っている力があると体感できます。
楽しんで下さい!

よろしければ↓をポチリとお願いしまする
人気ブログランキングへ








11:09  |  今日のへりくつ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.05.01 (Thu)

GWの待ち客を常連客にしましょう。

最近はネット、携帯の話ばかりでしたが、私は過去ジャンルの違うお店を最大時5店舗ほど経営しておりました。

まあ、今は自分の手元にあるわけではありませんので、別に信じなくても、なんでもいいのですが、
参考になれば幸いです。

さあ、1年に数度しかないかきいれ時に店舗に入りきれないお客様をただお返しするのはもったいない

ですが、きつきつに入れてしまうのはもっと愚かな行為。

なぜでしょう?
簡単です、お客様はまず不快に感じることの確立が高いからです。

通常時にて対応できる客数を超えた場合、事細かなサービスが行き届かなくなります

たとえ数万円儲けようと、たった数万円でそのお客様は2度と来店されぬどころか、「口コミ」によって周りのお客様さえ抹殺されかねません。

それより「入れないほど多かった」と興味を残して頂き、改めてご来店いただいた際に満足いくサービスできるほうが、長い目で見れば数倍~のメリットでしょう。

また、並んでお待ちいただくにしてもただお待ち頂くよりも、少しの余力をそちらへまわしてみるのも一つの手。

例えば、「お待ち頂きすみません」と一声おかけしてお飲み物をサービスやご入店の際に使えるクーポンや割引をお気持ちとしてお渡ししてみたり、

「待ってよかった」
と思える工夫はいかがでしょうか?

また誰もが携帯電話をお持ちのこのご時勢、「空いたらご連絡いたしましょうか?」と
連絡先を(メールでも)お伺いしてみたり・・・

いろんな手があります

クレーム客を常連客にできるように欠点を補えば、お店のファンを増やす事は可能です。

安易にメニューを削って回転率をあげてみたり、気の回りきらないスタッフを急増させてもロクな事はないでしょう。

チェーン店のように効率勝負より、血と気を通った真心のあるサービスをGW後半に向けて考えてみてはいかがでしょう。

数に数で勝負するより一騎当千で闘う「ランチェスター戦略」のみが大鑑に小船で勝利できる方法なのです。

多いときに多さで勝負するより後々まで「常に多い店」を考えておくという
損して得(徳)とれ」の精神で行ってみてはいかがでしょうか?


wifiを解放して全キャリア対応のWifiスポットサービスで集客はいかがでしょう!

振込み周期の早いクレジット導入でビジネスチャンス増大!

お水が変われば商品もかわる


10:53  |  今日のへりくつ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.04.25 (Fri)

スマホのヒットとスティーブ・ジョブスがスゴイわけ

え~ひさびさのへりくつ。

スマートフォン自体はずっと前からありました、

が、

カメラ無い、機能ない、特殊ケーブル、データ転送ほぼ不可etc...でした、WindowsPhoneとか、blackbellyとか。

SIMフリーなので海外によく行く人たち位が使うマニアックな機種でした。

大ヒットの理由に「アプリ」これは当たり前の話。

では、「アプリ」とは何なのか?

わかってます?

たまーに「タブレット」と「PC」との違いを聞かれます。

PCの1部の機能を使いやすく特化させたのが「タブレット」なので、
PCでできることが全てはできない。(ただやろうと思えばできる。)

iPhoneがヒットし、スマートフォンが急激に増えたのかは
システム・ソフトウエアが中心のPCの中で
アプリケーション・ソフトウエアを中心にして使いやすくした。からである。

システムソフトは組み合わせして利用するもの。
例えば・・・年賀状作成するのに、
「WORD」などワープロソフトと「photoshop」など画像編集ソフトとetc...
文字一つから作成できる。

に対してアプリソフトは「年賀状作成」となる。完成したものしか利用できないんですね。

スティーブ・ジョブスが「アプリ」のみにして、高額だったソフトを破格に安くして買いやすくした。

巨大な独占市場を構築した。
appleIDという顧客リストはどこの銀行より多いだろう。

あれもこれもで使いづらくなってしまうより、

「こんなの使わないし、いらん!」ってとことんシンプルにして「足せる」ことに特化した。

やり方真似して後発のAndroidなどもヒットしたけど、赤通やおサイフなどであいかわらず
あれもこれものためにイマイチiPhoneを超えるヒットはない。

本来のiphoneはSIMフリーだしテザリングも最初からあったりとまさに「今」を予見している機種。
使う人のアイデア次第でいろんな事ができるってことです。

どんだけスティーブ・ジョブスがスゴイかって事ですね。

巨大なインターネットとコンテンツをアプリという形で結びつけて巨大なマーケットを構築した、

「当たり前」を破壊してシンプルにして新たに結びつける。

「道」を作ることで一つの世界は作れる、これからの一つのモデルケースです。









09:02  |  今日のへりくつ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.04.03 (Thu)

バーテンダー飲食店小話

ふと思い出したお話で
「バーテンダーがレシピを見なくなったら終わり」だよ
と有名なバーテンダーさんのお話を先輩から教えてもらい
「え~と…」ってレシピでも本で確認するようになった。

やはり見る、調べるからには本がいい。
オリジナルのノートやマイレシピや少し高めの市販のレシピ本
見た目も「ちゃんと調べてまで作ってる」と見える。

便利だけどスマホはいかんね、自分も持ってるから、
「覚えてねーのかよ!」
ってなる。                         ( ・・)-/ えーと・・・・

ネットで調べるならPC、少し下がるとタブレットで検索
                            /  ( ・・)_□|カチカチ~
                     ( ・・)ー/え~と・・・

見た目もいくばくかはいいが、本のほうが良く感じる。
もしスマホなら3人3台以上で調べるといい。
 ( ・・)_/ ( ・・)-/ ( ・・)_/     ほら、なんか必死そうで。

もっとたくさんの人数で同時にガラケー、スマホ、タブレットを混ぜて検索してると、
「そんなに!?」
と感動かドン引きとなる
時と場合を選ぼう。                     
                                   
経験で培ったノートなど「自家製」にせよスタンダードにせよ
お客様の見える範囲から「価値」は始まっている。
支払う金額との評価である。

見た目、姿勢も支払い対象なのだから
しっかりしましょうって話でした。
07:44  |  今日のへりくつ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。